予防歯科のすすめ

日本人の成人の8割が歯周病に感染しているという事実をご存知でしょうか。欧米では歯は悪くなってから治療するものではなく、日々のメンテナンスで未然に防ぐという予防意識が当たり前になっています。

その結果70歳での残存歯の本数はイギリスが15本、アメリカが17本、スウェーデンはなんと驚きの20本となっています。人間の永久歯は28本なので、おじいちゃんおばあちゃんでもかなりの歯が健康なまま残っているということがわかりますね。

それでは日本はどうなのでしょうか。残念なことに、日本人の残存歯はわずかに8本という非常に悪い数字となっています。これは先進国の中ではダントツの少なさで、日本人の歯への予防意識の低さが反映されているといえるでしょう。

しかし日本の歯科医院でも虫歯は「治すもの」ではなく、「ならないようにするもの」というスタンスにシフトしつつあります。そこで予防歯科を活用し、生涯健康な歯を維持するための手助けになるような情報をご紹介していきたいと思います。